指導方針|四街道にある塾【秀英ゼミナール】(新年度募集中)

全体の指導方針

人生最初の試練 高校受験に向けて

義務教育を終了し、いよいよ高校へという進学過程で、子供たちは入学試験という壁を乗り越えることが要求されます。
現在では、高校進学率はほぼ100%です。ほとんどの子供が人生最初の試練に立ち向かわなければならないわけです。

この高校受験に対して、「子供がかわいそう」「受験戦争は子供の人間性を歪める」など、的外れとはいえ批判もあり、ややもするとその現実から逃避しようとするケースも出ています。

私たちは、現状の高校入試制度を完全なものと考えているわけではありませんが、受験の現実を直視し、成長過程の子供が積極的に挑戦すべき試練ととらえ、志望校合格への道を指導します。
高校受験では、中学での三年間の成果が問われます。入試では内申点も大きなウェイトを占めているという現実をふまえ、全学年統一の指導目標として、中学校での定期テストでの成績向上を目指していきます。

定期テストで成績アップ

さしあたっての目標は、学校の中間・期末テストですから、その範囲を先行学習します。そして、テスト前にもう一度、塾でも家庭でも復習を重ねます。これで、生徒本人に意欲がありさえすれば、一進一退を繰り返しながらも成績は伸びて行くのです。
それにはまず、学習意欲が前提となります。
たとえ意欲が希薄でも、通っていればイヤでもやらされてしまいますが、それでは本物ではありません。
そこで当塾では、生徒の「やる気」をひき出すことを第一に指導します。
指導力十分な講師の下で、教室にはやる気と活気が満ち、勉強し自己を向上させる格好の環境となります。

家庭学習を習慣づける

当塾では、中学での定期テストでの成績を向上させ、高校受験を乗り越える実力をつけるために、情熱と知力を傾けた授業で指導します。
しかし学力を定着させるためには、家庭でも練習問題に取り組むことが不可欠です。
そのために、教材として様々なプリントを、必要な時期に必要最小限に配布し、家庭での学習指針を与え、常に自分の学力を自分で鍛えられるようにしています。

勉強を習慣づけ、テストで鍛える

当塾では、小テストや復習テストなどで常に学習成果を確認することにより、それを弱点補強のための資料として授業や個人的指導に活用します。
これにより生徒に一歩一歩確実に実力をつけさせていきます。その結果、生徒は学校の定期テストや実力テストで好成績を収めるのです。
成績が伸びた生徒は、「できる喜び」を知り、「日々の積み重ねの重要さ」に気づきます。そして「次のテストでも良い成績をとろう」と、積極的に塾に通い、家庭で机に向かうようになるのです。

こんな授業をします

◎英語

単語・基本文のたたき込みと、わかりやすい文法説明
英語って分かると面白い!
中学生にとって数学と英語はとても大切な科目とお考えの方も多いと思います。
数学は思考力が必要であり、躓くとそのあとが分からなくなります。実は英語も一度「分からない」と思い始めるとこの科目ほど困った物はありません。他の科目と違って単元が違えば習うことが変わると言うことがないからです。
それでは英語が「分かる」「面白い」と感じるのはどのような時でしょう。
人は皆、「知っていることは面白い」と感じます。
覚えることはたたき込み

英語を知っていると言うことは、まず単語を読めるということから始まります。
しかし、残念ながら英語という教科は、興味を持つだけで上達する教科ではありません。
言葉である以上、覚えるという作業が必要ですし、それに伴う忍耐力と継続した練習が不可欠なものとなります。
才能がありなからも、英語が苦手になり嫌いになってしまう生徒は、この地道な努力を怠っているからなのです。
そこで当塾では、興味を涌かせ、意欲を育むことに加えて、中一から中三を通していやがおうでも「英語を読み、書く」ための徹底した叩き込み指導を行っていきます。

分かりやすい授業

授業は、学校で使う教科書に沿って進め、学校授業の予習となります。
まずレッスンごとに重要事項・文法などの説明をノートにまとめます。その後、単語・熟語の細かい説明をしたうえで、本文を詳しく解説します。
そして、要点は繰り返し覚えさせ確認します。
最後の仕上げとして、単元確認テストで今までの学習内容を整理し、演習を重ねていきます。特に文法や単語・熟語の使い方の説明は明確さをモットーとしています。

生徒に興味を持たせ、わかりやすく説明し、そして記憶すべき事項は叩き込む。ごく当たり前のことですが、それらを徹底することによって、確実な英語力アップをはかります。

教科書の全文暗記と自由作文

定期テストで、英語の成績の良い生徒の勉強法を調査したところ、大半が「テスト範囲の教科書の本文を全文暗記」していたのです。また、ある中学では「僕は英語は読めるんだけど、書けないんだよなぁ」という生徒が多く、別の中学では「英語は読めるし書けるよ」という生徒が多いということがわかり、生徒に聞いてみたところ、「読み書きOK」の中学では「自由作文」を重視していることがわかりました。
当塾では、テスト範囲の教科書暗記を奨励しています。また、毎回授業で習った熟語や文法を使った「一行作文」を作ってもらいます。作った文章は、先生がその場で添削します。「文が作れる」ということは、「その学習内容の完全マスター」を意味します。

このようにして、誰よりも早く応用問題が解けるようになるのです。

◎数学

基本事項・必要な公式の説明と、徹底的な問題演習

知っている覚えていることが先ず大切!

復習を自然に身につけるための方法は、授業開始時の小テストにその仕掛けがあります。
「自然に身についた・できるようになった」との感想をほとんどの生徒が感じています。
定期試験でも、ほとんどの生徒さんが高得点をとります。小テストの仕掛けは面接でお話しします。

数学を得意にするために

数学では、他の教科と比べて二つの大きな特徴をもちます。
一つには、記憶しなければならない内容が非常に少ないことが挙げられます。
もう一つは、理解できたか否かが非常に重要な意味を持つということです。
そしてこの二つの特徴が、生徒を心理面でも支配しています。分かるという実感を持てた生徒にとっては、数学は非常に楽しくおもしろい科目となります。しかし一度わからないという印象を持ってしまうと、つまらなく苦しいものとなり、しかも覚えることが少ないだけに、「何をどう勉強してよいか分からない」ことになってしまいます。

そして、積極的に問題に取り組む前者と、自信のないまま右往左往する後者の成績差が広がったとき、それをあたかも生まれつきの能力の差であるかのように認識してしまうのです。

そのことを踏まえ、私たちは教科的な指導のみならず、生徒に与える心理的要因についても常に考慮しながら授業を進めていきます。

数学の学習を楽しむ

確かに数学という教科は、苦手な生徒にとっては、学習そのものが苦痛となる教科ですが、ひとたび解けはじめると、これほどおもしろくなる科目はありません。

要は、その「ひとたび」をいつ、どのようにして味わわせるかです。
それが当塾の授業であり、具体的には「興味-説明-問題例-類題演習-達成感・喜び-祝福」という授業システムなのです。しかも前述したとおり、それを先生と生徒がお互いの対話の中で「解けた」喜びを分かち合うのです。

できる宿題

◎その1 学習習慣の定着を目指して

生徒の成績を大きく伸ばすためには、塾での授業だけでは困難です。
授業では「わかる」という段階にまではなりますが、「できる」という段階にまではなりません。テストでは「できるかどうか」が問われるわけですから、授業を聞いて「わかる」ようになった事柄を、家庭での問題演習を通じて「できる」ようにしなければならないわけです。
「できる」ようになるためには、一夜漬けのような勉強ではなく、毎日の継続的な家庭学習が必要になります。

そこで当塾では、宿題は家庭学習の習慣づくりの材料と考え、「生徒がやりたくなるような宿題」「生徒が独力でできそうな問題」「生徒が解けそうな問題量」を毎週与えていきます。

とは言っても、多量の宿題を出して生徒の生活を圧迫するのも避けなければなりません。
必要最小限の宿題であれば、無理なく家庭学習の習慣がついていきます。
クラスによって内容や量を変えて、生徒のレベルに合ったものを、提出方法・提出期限なども考慮して課題を出して行きます。

「必要な時期に必要最小限に」というのが宿題の基本ではないでしょうか。

◎その2 フォロー学習制度

  • 授業中の説明では分かったはずなのに宿題は難しくてできなかった。
  • 塾で習った日から時間が経ったので忘れてしまった。
  • 家ではどうも宿題をやる気にならない。
  • 途中でつまづくと、もうイヤになってしまう。
こんな経験は誰にでもあるものです。
そこで当塾では、フォロー学習を毎週2時間(無料)実施しています。
その成果が出て、ほとんどの生徒がまじめに宿題をやってきています。

◎その3 確認テストとの連動

子供によって理解力はマチマチです。
ですから、宿題は授業で生じた理解カの差を埋めるという大切な役割があるのです。
しかし「全員10ページやってこい」といったような宿題では、理解力のある子は「こんな宿題なんてやらなくてもテストでいい点とれるよ」といって宿題をやってくれません。
「その子のレベルより簡単な宿題」は、その子にとって時間の浪費でしかありません。

そこで私たちは「来週○ページから確認テストをするからね」とだけ生徒にいいます。
「テストで基準点以上とれる自信のある生徒は本番一発勝負でいいよ」ということです。
そのかわり「なまけていて基準点に届かなかった生徒は残り勉強だよ」ということでもあるのです。

生徒は、自分が基準学力に到達するのに必要な時間だけ家庭学習すればよいのです。

◎その4 頑張った生徒にはごほうび

当塾では「宿題をやらなかった生徒に罰を与える」よりも、「宿題をやった生徒に賞を与える」という方針をとっています。
もちろん、課題未提出者には「残り勉強」「父兄への電話連絡」「個人面接」などの対応はしています。
宿題をやらなければ、それだけ他の生徒に遅れをとってしまうからです。しかし、宿題を生徒がやらないのは私たちにも責任があります。
「生徒がやりたくなる宿題」「生徒が頑張ろうとする環境」をつくってやればいいのです。

そこで生徒が「やってよかった」と思えるように、宿題や特別授業(補習)を頑張った生徒には「ごほうび」を出すことにしています。もちろん、テストで著しく成績上昇を果たした生徒に対しても同様です。

努力した生徒には最終的には「志望校合格」という最高の賞が与えられることは言うまでもありません。
私たちは、生徒を「合格という名の最高の賞」へ導くために「小さな賞」を与えているのです。

  • 保護者様の声
  • 生徒さんの声

お問い合わせ tel:043-422-2669 Mailform

Information

秀英ゼミナール
〒284-0027
千葉県四街道市栗山1082-144
Access Map >>
四街道市の【秀英ゼミナール】は、学校の成績アップに特に力を入れています。
経験豊富な塾の講師陣でお子様のサポートをしていきます。
tel:043-422-2669
Mail form

ページの先頭へ