小学部コース案内|四街道にある塾【秀英ゼミナール】(冬期講習)

算数Vメイトコース

先生:生徒=1:2~5 パソコンを用いた個別指導

  • 算数Vメイトコースの授業1
  • 算数Vメイトコースの授業2
  • 算数Vメイトコースの授業3
  • 算数Vメイトコースの授業4
◎特徴
一人ひとりの生徒に確実な実力を与えるために、「先生:生徒= 1:2~5の個別指導形式」をとります。
補助教材として学研の学習ソフト『Vメイト』を使って映像的に楽しく学習でき、理解度を増すよう工夫しています。
ですから生徒にとっては、ゲーム感覚で算数が楽しく得意になります。学校の教科書に沿って少し先を学習しますので、学校の授業がわかるようになります。
◎考える生徒を育てます
パソコンのモニタの説明を聞く授業は、生徒の理解力・読解力を育て、生徒自らの学習姿勢を積極的にします。また、指導方法は自分で考えることを基本方針とし、生徒が完全に理解する一歩手前までの説明にとどめます。こうすることで生徒の考える力を養い、生徒はできた喜びを味わうことができます。
◎マイペース学習
一人1台のパソコンを使った個別指導で、学校の進度に合わせたり、前に学んだことを何回でも繰り返し復習することもできます。
生徒の実力にあわせて学習できますので、【分かりやすさ】が評判です。
◎マンツーマン学習
その日の学習の理解度・進度を個別にチェックでき、テキスト・プリント・ワークなどを用いて一人ひとり別々の宿題が出されるきめ細かさです。
出された宿題は次回の授業でチェックし、一人ひとり別々に助言を与えますので、生徒はよく理解し、成績が向上します。
◎徹底少人数制
コンピューターCAIのみに任せた授業ではなく、一クラス3~6名程度の生徒に1名の講師がついた密着指導で、絶えず助言を与えることができます。
◎自由に選べる曜日・時間帯
  • 火曜日~金曜日【16:55~17:45】【17:55~18:45】から、好きな時間をお選びいただけます。
  • 小学1年生~小学3年生 ・・・ 週1回1コマから受講できます。
  • 小学4年生~小学6年生 ・・・ 週1回2コマから受講できます。
  • また、他の科目と組み合わせての受講も可能です。

授業料はこちら

英語コース

先生:生徒=1:3~6 の個別指導

  • 英語コース
  • 英語コース
◎特徴
  • テストに強く、書ける英語の養成!
  • 中学生になったときに、英語が得意科目になる。
  • 一人ひとりの進度に応じて、個別対応指導をします。
◎集団個別指導方式の授業
当塾の小学英語講座は集団個別指導方式を採っており、一人ひとりの進度に応じて、努力する生徒に対してはどんどん先に進むことができます。
  • 繰り返し学ぶ、サイクル学習
  • 1冊毎の進級式
  • 英語の勉強の仕方が分かる
◎学習の方法
  • 家庭学習として、単語を1日1ページ、1週間6ページずつ練習する宿題が出ます。
  • 宿題のテストを実施し、読めて書ける英語力を身につけます。
  • 「のびのびじゃんぷ」で文法を説明しながら、読む練習をします。
  • 「のびのびじゃんぷ」でスモールステップの学習をします。
  • 単語テストで合格、テキスト終了後、進級テストがあります。
◎自由に選べる曜日・時間帯
  • 火曜日~金曜日【16:55~17:45】【17:55~18:45】からお選びいただけます。
  • 小学4年生~小学6年生 ・・・ 週1回1コマから受講できます。

授業料はこちら

国語コース

先生:生徒=1:2~6の授業

「ことばの学校」開校の経緯

国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに
「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?
「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではなく、あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。
小学・中学で必要な日本語語彙力が身についていません。
秀英ゼミナールでは、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2 回実施します。 その結果から見えてくることは、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないという事実です。
学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。
中学生では 5 割の生徒しか、学校の授業を理解できていません。
七五三という言葉があります。この言葉は、小学生の 7 割、中学生の 5 割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したもの。
しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約 5 割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。
学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち
しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。
多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。
これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。
「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない
たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。
家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多く、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。
実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。
論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間の「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。
まずは 30,000 語
中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000 語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。
誤解のないように申し上げますと、この 30,000 語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。
「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい 2 万数千語であることが分かっています。
日本語力を伸ばすから、全教科伸びる
秀英ゼミナールではもちろん国語の受講があります。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学本科生は、国語に加えて、原則として 5 教科受講しています。
国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。
四街道で「ことばの学校」を受講できるのは秀英ゼミナールだけです。
是非体験して下さい。

ことばの学校とは?

読書を通じて、語彙力、長文読解力を高め、確かな学力の土台となる国語力を育む場、それが「ことばの学校」です。読むとくメソッド®いうオリジナル学習システムを用いて、読書が苦手な子でも楽しく学べると好評。
全国 300 の学習塾(私立小 1 校を含む)で 20,000 人を超す生徒が学んでいます。(2018 年 1 月現在)
パソコン、タブレット端末で再生した朗読音声を聞きながら、音声にあわせて読書をしていきます。 ・パソコン、タブレット端末で再生する音声は、速聴読「読むとくアプリ」で、徐々に倍速を上げることができます。
・専用アプリで 0.5~10 倍(25 段階)まで速度を変動させることができます。
プロのナレーターが読上げた朗読音声を、1 人ひとりの最適な速さで聴きながら、音声に合わせて黙読していきます。
本を楽しんだら、読書の前後で取り組む「読書ワーク」で、本の中に出てくる語彙・表現を効果的に学んでいきます。

ことばの学校がご提供している「良書多読」「速聴読」プログラムの特徴

  • 国語のプロが厳選した 290 冊タイトル
  • プロのナレーターによる朗読音声を用意
  • 読書の前に行う学習教材で理解力 UP!

ことばの学校 読むとくメソッド®

①良書多読②速聴③読書ワーク(語彙)④読書ワーク(読解力)⑤読書指数®診断の5つのメソッドから成る、国語力アップのプログラムです。

• 効率的に読書力を向上させる学習システム
「ことばの学校」が開発した、子どもたちに効率的に読書をさせるための学習システムです。
• 語彙力を増やし、国語力を上げる厳選された良書を読み、それを語彙の強化、読解力の強化につなげる学習教材です。
• 半年に一度、語彙数・読書速度の伸びを診断!ことばの学校の効果測定をするために独自に開発した語彙数・読書速度診断テストです。半年に一度、語彙数・読書速度の伸びを診断します。

目と耳で読むからスゴイ

速読? いいえ、速聴読です!

子どもの成長に伴う「ことば」の獲得、そこで重要なのは「映像」と「音声」の一致です。
文字を覚える前の段階では、ことばは耳から入る「音声」です。音声によってモノを意識し、イメージを浮かべます。
その後、文字を覚え、文字を読む段階に進みますが、このとき注意したいのは、文字が読めること=文章が理解できること と簡単には結びつかないということです。
文章は、「単語」の意味がわかり、文節相互の関係(文の成分)や文と文の関係(文脈)が正しく把握できてはじめて、理解できたことになります。

文字を覚えたばかりで文章になれていない子の多くは、黙読する際に一文字単位で読むくせ(「文字読み」と呼びます)があります。文字をまとまりとしてとらえる読み方ができないので、
おじいさんはやまへしばかりにいきました
という文を例にすると、
お じ い さ ん は や ま へ し ば か り に い き ま し た
と読んでしまいます。
おじいさん やま しばかり いきました
とそれぞれが意味を持つ文字のまとまり=ことば としてとらえることができないまま、文章を読み進めていきます。結果、読めるけれど理解は不十分という妙な現象が起きてしまいます。
四街道で「ことばの学校」を受講できるのは秀英ゼミナールだけです。
是非体験して下さい。

低学年算数・国語コース

16:00~16:45 週1回1コマから受講小学1年生~3年生

◎算数
eトレのプリントを使い、基礎計算能力を育てます。
理解が不完全なところは何度も問題演習を繰り返し、確実に学習内容を理解します。

【学習の流れ】

【学習の流れ】

小学生の算数では、こんなところに注意して指導しています!

小学生算数で最も大切であり、以後の学習に影響を与えるのは、「かけ算九九」です。
かけ算九九をスラスラ言えることはもちろんですが、低学年の生徒はそれが何を意味するのか分からない場合が多くあります。

例えば・・・
お皿に4個のミカンがある。このお皿が6枚あるときに、「しろくにじゅうし(4×6=24)」との関係が分からない場合があります。
このようなときに、個別で丁寧に教えることで疑問を自分の知識に変えることができます。

割り算の筆算が、かけ算九九の問題ということも小学生には分かりません。
割り算の筆算ができない生徒に、割り算ばかり練習させてもイヤになるばかりです。これはかけ算九九を途中からでも言えるくらい、一緒に練習することが必要です。

小学生の算数と中学生の数学の違いを考えてください。
小学生で学ぶことは初めてのことばかりです。ですから「勉強ができない」のではなく、「やり方を知らない」なのです。
そのやり方をきちんと教えることにより、スムースにやる気を持った生徒を育てることができます。

哲学者であり教育者の“カント”の言葉があります。「人間は教育により人間になる」

指導方針

頑張る子はどんどん伸ばし、頑張れない子はどんどん助ける。
学校での学習に自信がつくように、先取り学習をします。「知らないこと」は「分からない」ことではありません。
低学年は「知らないこと」を「知るようになる指導をする」ことを心がけます。
ことばの学校

「ことばの学校」開校の経緯

国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに
「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?
「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではなく、あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。
小学・中学で必要な日本語語彙力が身についていません。
秀英ゼミナールでは、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2 回実施します。 その結果から見えてくることは、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないという事実です。
学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。
中学生では 5 割の生徒しか、学校の授業を理解できていません。
七五三という言葉があります。この言葉は、小学生の 7 割、中学生の 5 割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したもの。
しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約 5 割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。
学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち
しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。
多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。
これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。
「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない
たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。
家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多く、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。
実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。
論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間の「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。
まずは 30,000 語
中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000 語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。
誤解のないように申し上げますと、この 30,000 語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。
「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい 2 万数千語であることが分かっています。
日本語力を伸ばすから、全教科伸びる
秀英ゼミナールではもちろん国語の受講があります。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学本科生は、国語に加えて、原則として 5 教科受講しています。
国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。
四街道で「ことばの学校」を受講できるのは秀英ゼミナールだけです。
是非体験して下さい。

ことばの学校とは?

読書を通じて、語彙力、長文読解力を高め、確かな学力の土台となる国語力を育む場、それが「ことばの学校」です。読むとくメソッド®いうオリジナル学習システムを用いて、読書が苦手な子でも楽しく学べると好評。
全国 300 の学習塾(私立小 1 校を含む)で 20,000 人を超す生徒が学んでいます。(2018 年 1 月現在)
パソコン、タブレット端末で再生した朗読音声を聞きながら、音声にあわせて読書をしていきます。 ・パソコン、タブレット端末で再生する音声は、速聴読「読むとくアプリ」で、徐々に倍速を上げることができます。
・専用アプリで 0.5~10 倍(25 段階)まで速度を変動させることができます。
プロのナレーターが読上げた朗読音声を、1 人ひとりの最適な速さで聴きながら、音声に合わせて黙読していきます。
本を楽しんだら、読書の前後で取り組む「読書ワーク」で、本の中に出てくる語彙・表現を効果的に学んでいきます。

ことばの学校がご提供している「良書多読」「速聴読」プログラムの特徴

  • 国語のプロが厳選した 290 冊タイトル
  • プロのナレーターによる朗読音声を用意
  • 読書の前に行う学習教材で理解力 UP!

ことばの学校 読むとくメソッド®

①良書多読②速聴③読書ワーク(語彙)④読書ワーク(読解力)⑤読書指数®診断の5つのメソッドから成る、国語力アップのプログラムです。

• 効率的に読書力を向上させる学習システム
「ことばの学校」が開発した、子どもたちに効率的に読書をさせるための学習システムです。
• 語彙力を増やし、国語力を上げる厳選された良書を読み、それを語彙の強化、読解力の強化につなげる学習教材です。
• 半年に一度、語彙数・読書速度の伸びを診断!ことばの学校の効果測定をするために独自に開発した語彙数・読書速度診断テストです。半年に一度、語彙数・読書速度の伸びを診断します。

目と耳で読むからスゴイ

速読? いいえ、速聴読です!

子どもの成長に伴う「ことば」の獲得、そこで重要なのは「映像」と「音声」の一致です。
文字を覚える前の段階では、ことばは耳から入る「音声」です。音声によってモノを意識し、イメージを浮かべます。
その後、文字を覚え、文字を読む段階に進みますが、このとき注意したいのは、文字が読めること=文章が理解できること と簡単には結びつかないということです。
文章は、「単語」の意味がわかり、文節相互の関係(文の成分)や文と文の関係(文脈)が正しく把握できてはじめて、理解できたことになります。

文字を覚えたばかりで文章になれていない子の多くは、黙読する際に一文字単位で読むくせ(「文字読み」と呼びます)があります。文字をまとまりとしてとらえる読み方ができないので、
おじいさんはやまへしばかりにいきました
という文を例にすると、
お じ い さ ん は や ま へ し ば か り に い き ま し た
と読んでしまいます。
おじいさん やま しばかり いきました
とそれぞれが意味を持つ文字のまとまり=ことば としてとらえることができないまま、文章を読み進めていきます。結果、読めるけれど理解は不十分という妙な現象が起きてしまいます。
四街道で「ことばの学校」を受講できるのは秀英ゼミナールだけです。
是非体験して下さい。

*低学年算数・国語コースを受講の場合、送迎バスの利用はできません。

授業料はこちら

小学部 授業料一覧

◎低学年算数・国語コース

週コマ数 授業例 小1~小3
週1回 1コマ  • 算数
 • 国語
¥3,000
¥5,000
週2回 2コマ  • 算数2コマ
 • 算数1コマ+国語1コマ
 • 国語2コマ
¥6,000

※教材費として、算数・国語それぞれ年間¥3,000が別途必要です。

 

◎算数コース・国語コース・英語コース(一般コース)

週コマ数 授業例 ※これ以外の組み合わせも可能です 小1~小6
週1回 1コマ

 • 算数1コマ(3年生まで)

 • 国語1コマ

 • 英語1コマ

¥6,000
週2回 2コマ

 • 算数2コマ
 • 算数1コマ+国語または英語1コマ

¥8,000
週2回 3コマ  • 算数1コマ+英語1コマ+国語1コマ
 • 算数2コマ+英語または国語1コマ
¥12,000
週2回 4コマ  • 算数2コマ+英語1コマ+国語1コマ
 • 算数3コマ+国語または英語1コマ
¥16,000
週3回 5コマ  • 算数2コマ+英語1コマ+国語2コマ
 • 算数3コマ+英語1コマ+国語1コマ
¥19,000

*平日1コマは50分です。1日2コマの時は、授業50分・休憩10分・授業50分で実施します。
*教材費として、算数は¥4,000/年、国語は¥4,500/年、英語は¥500/月が別途必要です。

  • 保護者様の声
  • 生徒さんの声

お問い合わせ tel:043-422-2669 Mailform

Information

秀英ゼミナール
〒284-0027
千葉県四街道市栗山1082-144
Access Map >>
四街道市の【秀英ゼミナール】は、学校の成績アップに特に力を入れています。
経験豊富な塾の講師陣でお子様のサポートをしていきます。
043-422-2669
Mail form

ページの先頭へ